犬の健康チェック -病気を防ごう!-

ものを言えない愛犬の健康管理は、飼い主の勤めの一つと考えませんか?
犬の病気も人間同様、早期発見、早期治療が大事なことは言うまでもない
ことです。飼い犬のちょっとした変化を見逃さないために、どんなことに
気を付けて、健康チェックをすればいいのか、まずは、そこから考えてみ
ました。変だと思ったら、できるだけ早くお医者様へ行くのは当然ですが、
それに気が付くのは、飼い主の愛情ではないかと思います。
では、チェックするときのご注意を。

頭や首に皮膚に異常ないですか?しこりや痛がる場所はないかをチェック
してください。鼻については、鼻筋に沿って、そっとなでで見ましょう。
腫れていたり変形してはいないでしょうか?また、鼻が適度に湿っているか、
それとも鼻水が出ていないか、確かめてください。瞼は、上まぶた、下まぶた
をめくってみてください。白眼が充血していたり、まぶたの内側が赤くなって
いませんか?出血はないでしょうか?最後に、犬と眼を合わせてみてください。
焦点が合っているでしょうか?

つづいて、口ですが、口を閉じた状態のとき、唇をめくってみてください。
歯や歯茎の状態も確認できます。口をあけたときには、匂いに異常がないか、
舌の色も確かめます。耳は、耳垢がたまっていないか、異臭がしないかと確認
しましょう。耳全体にはれや熱がないかも確かめてください。
そのあと、肉球・爪・指を調べます。肉球にとげが刺さっていないか、けがは
してないかは、肉球を押してみて、嫌がらないかでわかります。爪の伸びすぎに
も気を付けてください。

最後に胴体部分ですが、骨に異常がないかどうかは、前足後ろ脚については、
左右対称であるかどうかでわかります。関節が腫れていないかどうか、特に、
後ろ足の付け根部分は、関節のトラブルが出やすい部分です。動かしてみて、
スムーズに動くでしょうか?また、背骨に骨が突き出していることはないで
しょうか?

脱毛やしこりはないかも確認する大事な点です。また、おなかを軽く押し
てみてください。痛がらないか、あるいは、おなかを軽く叩いた時、腫れて
いませんか?お尻については、肛門周辺がただれやすいので、しっぽを持ち上
げて、きちんとチェックしましょう。以上、すべてが大丈夫であれば、呼びか
けに応じて走り寄ってくるはずです。このときの歩く様子でも、健康チェック
はできますね。

当サイト人気コンテンツ

★ 応急処置のいろいろ
★ 毛が抜ける
★ 便がおかしいとき
★ 犬の健康診断とは

ペット関連ニュース


Copyright (C) 2007 犬の病気@解説NAVI All Rights Reserved.
キッチンリフォーム DHA 効果 デート 掲示板 中性脂肪 基準値 リンパマッサージ やり方 オールドドメイン 看護師求人のランキングサイト 看護ルー 評判